Top >  FXの注文方法

FXの注文方法

円高ドル安の時にドルを購入し、円安になったら売却する。これがFXの基本です。しかしその際にはできるだけ効率よく利益が出せるように、あるいは便利に取引を行うよう、注文方法に配慮する必要があります。FXにはさまざまな注文方法があり、またニーズに合わせて新たな選択肢が登場している状況でもあります。

もっとも一般的な取引方法としては成行注文と指値注文が挙げられるでしょう。成行は文字通り相場の経過を見守りながら自分で判断して売買を行う方法、指値はあらかじめ売値・買値を指定した状態で注文する方法。後者は相場の読みが必要になる一方、一日中パソコンに張り付いて相場の動向を見極める必要がないという大きな特徴があります。

指値注文をさらに便利にした注文方法も多数あります。まず逆指値。これは相場が上昇したら買い、下がった売るという本来の指値注文とは逆のパターンで注文する方法です。そうすることで相場が一気に動いた時にパソコンの前にいなくても取引に参加し、流れに乗ることができるのです。

-->