Top >  銀行預金の種類

銀行預金の種類

銀行預金は大きくわけて2つの種類があります。普通預金と定期預金です。普通預金は多くの人が利用している、いつでも好きなときにお金の出し入れができるタイプの預金です。それに対して定期預金の場合は満期までの期間をあらかじめ定め、その期間中は原則的にお金の出し入れはせず、預けたままにします。

この定期預金は自由度が低い反面、金利が普通預金よりも優遇されている点に大きなメリットがあります。また、金利には2種類あり、満期まで同じ金利で設定される固定金利と、定期的に見直される変動金利です。預けている間に金利が下がった場合には固定金利が有利に、上昇した場合には変動金利が有利となります。銀行預金を利用する際にはこのような種類ごとの特徴を踏まえたうえで利用することが求められるのです。

-->