Top >  レバレッジ規制は今後も続く…

レバレッジ規制は今後も続く…

2010年8月1日より、ついに日本でもレバレッジ規制が始まりましたね。それまで、「最大400倍」などと言う、ある意味でムチャクチャナ倍率が可能だったために、「多少の規制は必要なのでは…」と考えていた人も多いことでしょう。2010年8月1日からは、レバレッジの最大倍率が「50倍まで」と規制され、100万円の証拠金であるなら、最大「5000万円まで」の取引になりました。

しかし、「これで規制は完了した…」と思ったら大間違いです。実際、今回の規制で終わったと考えている人が多いのですが、じつは、2011年の8月1日から、さらに規制が加わるのです。現在の「最大50倍」から、「最大25倍まで」になる予定ですね。つまり、2010年の規制は「第1段階」であり、翌年の8月1日に「第2段階の規制」が施行され、それで完了することになるのです。

「最大25倍まで」に関しては、おそらく賛否両論になるだろうと思います。FX業者などは、正直「そこまでするの…」と思っていることでしょう。なにせ、レバレッジの倍率が規制されてしまうと、取引全体の規模が縮小してしまうため、その分だけ業者の売り上げも落ちてしまいますから。

また、レバレッジの倍率が高いからこそ、「少ない資金でも始められる」というメリットがFXにはあるのです。したがって、規制が進んでしまうと、そのメリットを失うことになってしまうんですよ。

レバレッジに関しては、様々な意見があると思います。しかし、何より大切なのは「無茶な取引をしない」ということですね。FXはギャンブルではなく、資産運用の方法なのです。あなたに合った適切な規模で、着実に取引するようにしておきましょう!

-->